So-net無料ブログ作成
検索選択
温泉・名湯 ブログトップ
前の7件 | -

龍馬が寺田屋での傷を癒した「塩浸温泉」。 [温泉・名湯]

大河ドラマ「龍馬伝」、
今回は龍馬と妻・おりょうが、薩摩へ湯治に行く話だった。

龍馬は、1866年(慶応2年)の1月21日に
「薩長同盟」を成立させ、2日後に寺田屋で幕吏に襲われた。
このときに腕を負傷した龍馬は、薩摩藩に匿われ、
療養を兼ねての薩摩行きを勧められている。

3月4日に京都を出発し、10日に鹿児島到着。
それから1ヶ月ほど、日当山温泉・塩浸温泉・霧島温泉に滞在、
束の間の安らぎを満喫したといわれている。
中でも今回のドラマに登場した「塩浸温泉」(しおひたしおんせん)は
龍馬らが、実に20日近くも滞在したメインの逗留地であった。

そこに龍馬とお龍が実際に入浴したとされる湯船が現存している。
実は4年前、私はそこを訪れたことがあるので、ちょっと紹介しておきたい。
少し前なので、ちょっと記憶が曖昧なところもあるが…(笑)。

100921-01.jpg


温泉への出発点は、鹿児島県霧島市のJR嘉例川駅(かれいがわえき)。
築100年を超える木造の無人駅で、登録有形文化財に登録されている。

100921-02.jpg

そこから妙見温泉行きの「温泉バス」に乗って、塩浸温泉へ向かった。
本当は鹿児島空港からバスに乗ったのだが、嘉例川駅で停車するので
運転手に頼んで少し長めに停車してもらい、写真撮影などをする。
平日だったため、乗客は私1人だけだったこともある(笑)。

100921-03.jpg

目的の「塩浸温泉・福祉の里」到着。
実は、バスはここから徒歩20~30分のバス停にしか止まってくれず、
ゆるゆると歩いて来たのだが、その途中で親切な軽トラのおっちゃんが
「乗っていきやんせ」(方言違っていたらすいません)と、乗せてくれたのだった。

100921-04.jpg

龍馬夫妻の銅像が迎えてくれた。

で、さっそく浴室へ。
たしか、料金は200円ぐらいだったと記憶している。
男女別の内湯が2ヶ所あり、それぞれに泉質が異なっている。

100921-06.jpg

湯船は小さく、建物はボロボロだし、内部も温泉の成分で汚れているが、
素朴で実にいい湯加減であった。
塩分の強い炭酸水素塩泉で、体がよく温まった。

100921-07.jpg

龍馬も痛む右腕を浸したに違いないし、
さぞや沁みたに違いないが、よく癒えたのだろう。

100921-08.jpg

そして…
建物の脇、川べりにあるのが、「龍馬・おりょう湯治の浴槽」である。
立地上、客は入ることができないようになっているが、
おそらくは無理やり入りに行くファンもいるに違いない。
ここに龍馬が居たのだと思うと、感慨もひとしお。

それにしても、今回のドラマでは、湯船に入っていたのは龍馬だけで、
おりょうは入っていなかったのが実に不満である(笑)。
当時は混浴が当たり前だったから、一緒に入るシーンがあっても良さそうなものだったが。

ついでに言えば、寺田屋でも中途半端な入浴シーンはあったが、
龍馬に危機を知らせるときは、ばっちりと浴衣を着込んでいた。
小説などでは裸で知らせるのが定番。
演じる真木よう子は、他の映画では濡れ場を演じたりもしているようだが。ま、NHKだから仕方ないか(笑)。

ちなみに塩浸温泉は、昨2009年に建物の老朽化で一旦閉鎖となったが、
大河ドラマ人気を受けてか、今年5月にリニューアルされて復活。
龍馬の資料館なども併設され、すっかり綺麗に生まれ変わったらしい。
鄙びた雰囲気が失われたのは残念だが、また行ってみたいものだ。

塩浸温泉には日帰り施設なので、
この日泊まったのは妙見温泉の「たじま本館」。

100921-10.jpg

まさに、昔ながらの湯治場といった風情で、
自炊施設のある旧館は、素泊まりで2800円ぐらいだった。
旅人には非常に有難い。

100921-13.jpg

とはいえ、食材は仕入れられなかったので、夕飯は用意してもらったが。
極めて質素な夕飯だが、貧困一人旅ならこれで十分である。
この日は腹の具合が悪かったので、おかゆにしてもらう。

100921-12.jpg

この宿の湯と
浴室の雰囲気が、また最高であった。

※文中にも書きましたが、この日記の写真は2006年に撮影したものです。

黒部峡谷のトロッコ電車と、秘湯「黒薙温泉」 [温泉・名湯]

100519.JPG

現在、富山にいる。
昨夜は黒部峡谷に泊。

宇奈月温泉から、けやき平に向けて走行するトロッコ電車

100519 (2).JPG

山あり谷あり、滝ありトンネルありの山間を、風を切って行き、
乗っていると、まるでインディ・ジョーンズにでもなったような気分。
乗客がご年配の団体客ばかりというのを除けば…。

100519 (1).JPG

外から見ると、こう。
高所恐怖症の人はダメかもしれない?

100519 (3).JPG

黒薙駅で降り、山道を歩くこと15分。
着いたのは、200年近い歴史を持つ山奥の一軒宿・黒薙温泉旅館


100519 (4).JPG

轟々と音を立てて流れる渓流沿いに、大きな混浴露天風呂がある。

冬場は雪に埋もれてしまうため、営業は春から秋の間だけ。
新緑の美しい時節だが、大型連休も終わった平日ということで、
私の他、泊まっていたのは他に1人の男性客と1組の熟年夫婦のみ。
のんびり湯治でもするには、丁度いい時期といえる。

100519 (5).JPG

夕飯は、岩魚の塩焼きに煮物、野菜の天ぷらなど素朴なものばかり。
一般的な温泉宿の豪華な夕飯ではないが、
こんな場所に来ると、このぐらいの飯がふさわしい。
チビチビと酒を飲みながら、ささやかに頂く。

テレビもない。携帯も通じない。
こんなナイナイづくしの、トロッコ電車に乗って山道を歩かないと
辿り着けない場所で、これだけのご馳走を食べられるのだから、
むしろ、しみじみ有難いと感じた。

有馬温泉にて。 [温泉・名湯]

41656476_3047673479.jpg

有馬温泉にやって来た。
関東草津とならび、西の名湯として名高い温泉地。

かの太閤・豊臣秀吉が、記録に残るだけで9回もおとずれたほどで
阪神大震災の被害復興のさい、その湯殿跡が発見されたことでも有名。
上写真は、秀吉の妻・ねねの銅像がたたずむ、ねね橋。

41656476_3347707509.jpg

さすがに天下の名湯。
平日でも人がそれなりに多く、温泉街はかなりの賑わい。
店頭販売の炭酸煎餅、温泉饅頭、牛肉コロッケなどが人気を集めていた。

41656476_2533582728.jpg

有馬といえば、金の湯。
公衆浴場の脇にある足湯を見ても、その湯の色が特殊なことは分かる。

41656476_319851760.jpg

白いタオルを、湯に漬けるどころか、浴槽のヘリに置いておくだけで
褐色に染まってしまうほどに濃厚な鉄と塩分を含む。
味は海水のようにしょっぱい。

漬かってみると、体中にある小さな傷に沁みて、
その効能が早くも体感できる。
ピリピリ沁みるのは、東北の玉川温泉に近い感覚だが、
あの湯よりは比較的まろやかですぐに慣れるので
長く漬かれて、リラックスできる。

遠目からは黄金色に輝いているようにも見えて、
派手好みの秀吉が惚れ込んだのも分かるというものだ。

箱根の黒たまごと、塔ノ沢の老舗宿 [温泉・名湯]

100128hakone (9).JPG

箱根へ行ってきた。
ロープウェイで、早雲山から大涌谷へ登る。

100128hakone (3).JPG

大涌谷を訪れたのは、7~8年ぶりぐらいか。
標高約千m。立ち込める噴煙は、ここが活火山であることを示している。

100128hakone (4).JPG

さて、大涌谷といえば玉子茶屋の「黒たまご」。
中身は普通のゆで玉子なのだが、
なんとなく温泉の成分が染みているようで妙に旨い。

子どもの頃これが大好物で、親に何度か連れてきてもらったときは
一袋(5個入)全部食べてしまったこともあった。
今は…2個で止めておいたが。

100128hakone (2).JPG

幸い、
天気が大層よく、富士山もよく見えた。


100128hakone (5).JPG

泊まった宿は、塔ノ沢温泉の「環翠楼」。
歴史好きの中には、ピンと来た人もいるだろうか?

そう、明治の初期に皇女・和宮(静寛院宮)が
療養に訪れて身まかった宿で、後に篤姫こと天障院が通りかかって涙を流したとか
伊藤博文や島崎藤村らも泊まった老舗旅館だ。
前々から来たいと思っていたがようやく実現した。

100128hakone (6).JPG

創業は江戸初期、現建物は大正の頃のもの。
昨今のレトロブームで、和風モダン風の入浴施設なども増えているが、
この旅館は正真正銘の古さ。作られたものではなく、
積み重ねてきた歴史の醸し出す、独特の風格がある。
鏡張りの洗面所、その向こうには「御入浴場」の扉が。

100128hakone.JPG

風呂はタイル張りの岩の内風呂に加え、
離れの方に、割と新しい露天風呂もある。
川のせせらぎを聞いての入浴は、まさに心が洗われる思いだ。
ただ折角の源泉かけ流しなのだから、ジャグジーは不要かなと思う。

100128hakone (8).JPG

館内は、歴史博物館のような趣。
昔のままに残る大広間や、和宮が使用した食器類、
勝海舟や伊藤博文の筆による額、古い電話機などが、そこかしこに。
一泊では物足りないので、今度は二泊ぐらいしたい。
http://www.kansuiro.co.jp/

100128hakone (7).JPG

那須湯本温泉「小鹿の湯」 [温泉・名湯]

091107 (3).JPG

那須(栃木)に行ってきた。
山奥のほうへ入り、那須岳にロープウェイで登ってみると、
山頂付近がすでに雪に覆われ、寒々とした冬色に染まっていた。

091107 (9).JPG

那須といえば、那須湯本温泉にある「鹿の湯」。
白濁した硫黄泉で、連日にぎわう人気の共同浴場だ。
しかし、改装のため来春まで休業中…。なので、

091107 (8).JPG

近くにある、はなやホテルが営む「小鹿の湯」へ。
この付近には、鹿の湯から源泉を引く宿が点在していて、
その多くが日帰り入浴を受け付けているのが、有り難い。

091107 (4).JPG

入ってみると、「鹿の湯」にそっくり似せた和風の浴場。
とろんとした濁り湯が、2つの湯船に満々とかけ流されている。
自然冷却され、熱くて浸かりづらい鹿の湯より、むしろ良いと感じる。

ドブンと入って長湯すると「湯あたり」を起こす人も多い成分の濃さ。
そろりと浸かれば活力がみなぎってくる、パワーのある湯だ。
この那須湯本の湯の良さは、全国でも屈指だと思う。
硫黄臭が体中に染み込み、翌日までプンプンしていた。

091107.JPG

那須岳の売店で喰った、焼き団子。美味かったな…。

091107 (10).JPG

温泉街を見下ろす殺生石。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

横手やきそばと、岩手・湯川温泉「新清館」。 [温泉・名湯]

091016.JPG

横手に立ち寄り、名物の横手やきそばを食す。
横手駅前には、これを食べさせる店が50軒以上もある。

この地はなぜか昔から焼きそばが有名で、数年前から
町をあげて「横手やきそば」を売り出し、全国でも有名になりつつある。

「食い道楽 横手駅前支店」という居酒屋のものを食したが、
どの店も例外なく目玉焼きと福神漬けが乗っていて、
麺は味付けがやや薄いのが個人的には好みだ。

091016 (4).JPG

横手から岩手方面へと、北上線で移動し「ほっとゆだ駅」へ。
そこからバスで10分ほど山の方へ行くと「湯川温泉」に到着する。
携帯の電波も届かない静かな温泉地。
少なくともauは入らなかった。Eモバイルも無論入らない。

091016 (3).JPG

炊事場のある、旅館というより湯治宿「新清館」に泊まった。
1泊朝食付きで5400円。素泊まりならばもっと安い。
自炊であれば一泊2~3千円程度で泊まれる宿が、東北には数多くある。

湯川温泉には無かったが、周辺の共同浴場も安く、
100円前後で入ることができる場所が多い。
東北の温泉文化は実に魅力的だ。

091016 (2).JPG

混浴の大浴場。飾りけも何もないが、素朴でいい。
泊まっていたのは私のほかに老夫婦1組だった。
ふ、何も期待しておりはせんよ(?)。
段々と減りつつあるが、昔ながらの湯治場には、混浴風呂もまだ多く残る。

月に一度ぐらいは、こんな携帯の電波も届かぬような
場所でのんびりし、心の洗濯をしたいものだが、
現状は数ヶ月に一度行ければ良いぐらいか。

源泉かけ流し全国温泉サミット in ぬかびら源泉郷 [温泉・名湯]

北海道(道東)に行ってきた。
日ごろ、日本各地を旅しているが、北海道とはあまり縁がなく、
道央にも8年前に行ったきりで、道東を訪れたのは12年ぶりぐらいだ。

羽田から釧路空港まで、約1時間半。飛行機だとアッという間すぎて、
「北海道に来た」という実感が全然湧かなかったのだが、
バスに乗って、しばらくすると、広大な田園や牧場、そして動物の姿が車窓に現れ、
ようやく感動の大自然を目の当たりにできた。

090529-01.JPG

草を食む牛、群れをなす鹿の姿を眺めていると、
言いようのない感動がおそって来、なぜか涙があふれ、こぼれ落ちてきて困った。

こんな風景を眺めていると、日常の些細な問題、
ありとあらゆるしがらみも、どうでも良くなってくる…。

090529-02.JPG

個人的に、思い出のたくさん詰まった阿寒湖に立ち寄り、2泊。
過ごしやすい初夏ながら、日陰にまだわずかな残雪がある。
日中の気温は関東とあまり変わらないが、陽が沈みはじめるとにわかに空気が冷たくなる。

さて、阿寒湖のことを書くと長くなりそうなので、
そちらは後に回すとして、先にタイムリーな日記をアップしておこう。

阿寒湖を後にして5月31日には、帯広・十勝方面へ移動。
今年で第5回となった「源泉かけ流し全国温泉サミット」に参加するためだ。
(一応、これが今回の遠征の主目的)

このイベントは、「源泉かけ流し宣言」をした全国6ヶ所の温泉地の
相互交流と、未来へ向けての意見交換などを目的としたもので、
私のような温泉好きにも興味深いイベントなので、前回の野沢温泉に引きつづいて見学した。

090601-15.JPG

今回の会場は、上士幌町にある「ぬかびら源泉郷」。
以前までは「糠平温泉」だったが、あらたに
6月1日から「ぬかびら源泉郷」に生まれ変わった自然豊かな温泉地。
帯広駅からバスで2時間弱。赤提灯やスナックが一軒もないのが残念だが、いいところだ。

090601-14.JPG

写真はその発祥の宿である「湯元館」の露天風呂。
もちろん、源泉かけ流し(適温加水)である。

090601 (2).JPG

初日の5月31日は、「糠平館観光ホテル」で懇親会がひらかれた。
今回も基調講演をされた、おなじみ温泉教授の松田忠徳さん、
阿寒湖温泉(鶴雅社長)の大西さん、川湯温泉の根津会長、
ホスト役である、ぬかびら温泉・山湖荘主人の蟹谷さんら、
恐れおおくも、お歴々の面々と歓談させていただく。

090601 (3).JPG

翌2日目の6月1日は、メインの講演会などが、文化ホールで開かれた。

090601 (9).JPG

その日の早朝、地元の宿主らが実施する熱気球体験に参加!

090601.jpg

この炎によって数十m浮遊する、ゴンドラからの上士幌の町の眺めが、また素晴らしい。
寝ぼけ眼のまま走って、時間ギリギリの6時50分。早起きした甲斐があった(笑)。

090601 (7).JPG

昼食会。ぬかびらの郷土料理が盛り込まれた弁当を食べながら談笑。
地元の新聞社、テレビ局も取材にきていた。

休憩時間にふるまわれた、新名物のエゾ鹿肉入りや豚丼風「おやき」も美味だった。
おやきといえば、長野の野沢菜入りが有名だが、北海道の食材入りもいいものだ。

090601 (6).JPG

メイン会場のステージ。
松田教授、湯布院温泉(玉の湯)溝口薫平さんの講演の後は、
阿寒湖温泉の大西雅之さんがコーディネーターとなり、
野沢温泉村「さかや」社長の森行成さんをはじめ、
各温泉地の代表者による、パネルディスカッションなどが開催された。

メインとなった2日目の参加者は全国の温泉街の関係者、
地元の一般参加者も含め250名ぐらいで、かなりの賑わいを見せていた。
全10軒ほどの宿しかなく、全国的にはさほど有名でない温泉地のイベントに、
これだけの人が集まったのは、すばらしいことだ。

090601 (4).JPG

これは、前回も感じたことだが、いち観光客、いち見学者としての立場からみると、
全体的に講演の時間が長く、内容がやや難しかったかな?
パネルディスカッションも、個人的には温泉地らしく
「座談会」のような、砕けたものにしてほしかったように思う。

また、ずーっと聴きっぱなし、座りっぱなしで終わった感もあるので、
なにか身体をうごかすイベント、たとえば温泉街をみんなで端から端まで歩く…
ぐらいのイベントでもいいので、初めて訪れる身としては、欲しかったな、と感じた次第。

ただ、各講演の内容自体はとても興味深いものだったし、
滞在中は実際に各旅館の風呂に入湯し、「源泉かけ流し」の湯のよさを再認識できた。
気分的に良いだけでなく、科学的にも源泉のチカラは証明されている。
私も多少は、旅や温泉の記事を書くものとして、生源泉のすばらしさをPRしていきたい。

次回(2009年)は、奈良の「十津川温泉」での開催が発表された。
温泉地、観光地の未来図を示すような、いいイベントだった。
またぜひ、参加したい。そのためにもしっかり稼いで貯金せねば…(笑)。

少し批評めいたことも書いてしまったが、
主催・ぬかびら温泉の皆様の熱意には頭の下がる思い。
また、ご参加者の皆様、講師の皆様、お疲れさまでした。

※主催・ぬかびら源泉郷のお知らせブログ。
http://blog.kamishihoron.com/nukabira/kiji/3889.html
前の7件 | - 温泉・名湯 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。