So-net無料ブログ作成
検索選択

座り小便をする男が増えている [日記・雑感]

あるニュースによると、座って小便をする男が増えているという。

情けない。実に情けない。

仁王立ち、豪快な放出こそ男子の特権であり本懐。
女に言われるがまま、座り小便とは何事か。

そもそも、大むかしは女が座って用を足す間、
動物や暴漢に襲われぬよう、男が周囲を見張ってやっていたものだ。

また、秀吉と家康が「関東の連れ小便」で天下を論じたように、
男と男は二本の滝を描いてこそ、絆を深めることもできる。
座り小便で天下国家が論じられようか。

それを、何も知らぬ母親が男児を個室に押し込め、
座り小便を躾けてしまっては、立派な男になれるわけがない。

座り小便は、やはり若い世代に多いそうだが、
冗談抜きにこういう部分が益々、 日本男児を脆弱にしている気がしてならない。
星一徹に張り倒されそうである。

嘆かわしい。実に嘆かわしい。


…とはいえ、自宅は様式便座1個なので、結構座ってすることもある。
とくに朝イチは狙いが外れ、始末に終えなくなる場合があるからだ。
朝の猛りが静まっても右外角か前方に大きく外れることが多い。
洋式便座での立ち小便は難しい。

それにしても最近、キレが悪いのは座り小便の習慣が増えた影響か、
単に齢をとったからなのか。これまた悩むところではある。
しかし、極力立ってするようにしたい。

浅草で電気ブランと濁り酒 [グルメ・呑み喰い処]

友人らが忘年会に呼んでくれたので、
溜まっている仕事を、切りの良いところで置き捨てて浅草へ。



実は先月末も、浅草に住む友人宅に招待されて
行ったばかりなのだが、浅草という街は何度訪れても良い。

まず、浅草寺と仲見世がある。うまい蕎麦屋がある。
それでもって、昼間から飲める店が沢山ある。
電気ブランやホッピーが飲める。良いことづくめである。



入った店は浅草寺近くの通称・煮込み横丁にある、「くろがね屋」。
手始めにホッピーで乾杯する。
肴は冷奴、煮込み、豚足、あたりめなど。



もちろん電気ブランも注文



浅草に来たら是を飲まねば。



友人が注文した濁り酒。こちらも旨そうだった。
飲み屋のおばちゃんはなかなかサービスが良く、
こちらがカメラを構えると、ちゃんといい所で止めてくれる。



2軒目は上野へ移動し海鮮居酒屋に。寄せ鍋と舟盛りを皆でつつく。
なんだか適度に温かくて、いい会合だった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。