So-net無料ブログ作成
検索選択

鎌倉にて。蕎麦前の一杯は至福 [グルメ・呑み喰い処]

鎌倉での取材が終わり、喉が渇いたのと疲れたので、
手近にあった蕎麦屋「なかむら庵」に入り、とりあえずはビール注文する。

070428-03.jpg

気の利いた蕎麦屋では、無料でお通しが出てくるものだ。
果たして、ここは蕎麦の実を揚げたものを出してくれた。

これはまた、引き際に丁度いいツマミである。
玉子焼きや板わさなんかを頼むと、
本格的な呑みモードに入ってしまうから、これで充分だ。

070428-01.jpg

ビールを飲み干し、蕎麦でも手繰ろうと思ったが、
メニューに「樽酒500円」と書かれていたので、その冷えたやつを取り寄せる。
コップにあふれんばかりに注がれて出てきた。
ああ、久々の酒は実にうまい…。

こうして、まだ明るいうちに蕎麦屋で一人、蕎麦前の酒を愉しむ姿は、
我ながら板についてきたと思うが、すなわち年をとったということ。
まあ実年齢からして、そろそろ中年と呼ばれる頃合なのだが。

そういえば最近、取材先のおばちゃんに「旦那」と呼ばれてしまったことがある。
旦那という言葉の響きは嫌いではないが、
今までは「兄さん」で通っていたわけだから、いささかショックでもあった。

070428-02.jpg

〆の蕎麦。
やや、つなぎの卵の味が強いような気もしたが、なかなかに美味だった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。