So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

龍馬伝最終回の感想と、本の宣伝を少々。 [日本史(戦国・幕末など)]

日曜は、荻窪方面へ飲みに行き、そのまま友人夫妻の家に泊めていただく。
そこで大河ドラマ「龍馬伝」の最終回を、酒を酌み交わしながら鑑賞した。

近江屋での龍馬暗殺は、中岡慎太郎との談笑の合間に起きた、
本当に一瞬の出来事として描かれ、なかなかにショッキングであった。

実行犯はやはり見廻組だった。龍馬が「ほたえな!」と叫んだ途端、
斬り込まれてからの展開があまりに速く、
建物の中が暗かったため、どこをどう斬られて死んだのか、画面ではよく分からず。

新選組!』や『篤姫』など、これまで多くの作品で龍馬暗殺はたびたび描かれ、
それらではザックリ頭を斬られる場面が定番だったが、
今作品では、気が付けばもう血みどろになっていたような印象。

ある意味、江戸時代の夜というのは真っ暗闇に近いわけだし、
一流の剣客たちの早業とは、まさに目にも留まらぬものだったはずなので、
リアルといえばリアルなのだろう。

おそらく、刺客が踏み込んでから立ち去るまで、2~3分の出来事。
どんな人間の命でも、狂刃の前では呆気なく失われる。
龍馬と中岡が、斬られてからも会話の続きをする演出は非常に良かったと思う。

「新しい世の中」を作ろうとする龍馬が、それを望まない人の手によって殺された。
そうした人間のほうが世の中には多い、という点は現代にも通じる部分だろう。

ただ、不満だった点は、新選組が見せ場で必ず敵を討ちもらす無能集団のように見えたことや、
岩崎弥太郎が、暗殺者たちを止めようとするのは良いにしても、
事を終えた暗殺者たちと出くわす場面や、
最後になぜか憤死?しているような描写は謎だった。あれらは必要だったのだろうか。

また、龍馬が死んでからのことが、
弥太郎とお龍の部分しか描かれていなかったのも、個人的にはやや消化不良。

それからの幕府や薩長の出方や、海援隊同志の陸奥宗光たちが龍馬の仇を討とうと、
紀州藩や新選組ともう一悶着起こす「天満屋事件」なども
ちょっと観てみたかったのだが、残念ながら描かれなかった。

さて。そんな、消化不良の方にお勧めの一冊を紹介しておきます。
たまには宣伝もしないとね…(笑)。

龍馬とともに幕末を生きた52人のその後」(洋泉社)

ryouma-sonogo.jpg

私も少々、執筆を手伝わせていただいた本。
中身は、海援隊の同志から新選組など敵対した人物、さらに女たちまで、
龍馬とかかわりのあった人物の「その後」にスポットを当てたもの。
もちろん、天満屋事件のことも描いている。
タイムリーな出版を企画された、プロダクション社長の村野氏に拍手を送りたい(笑)。

ついでに、これも。最近出た本。

日本史まるごとHowマッチ (竹書房)
houmachi.jpg

龍馬が「いろは丸事件」で紀州藩からせしめた金額とか、
秀吉が行った「醍醐の花見」や「朝鮮出兵」にかかった値段など、
戦国から幕末に起きた事件などに出てくる「金額」を、現代の通貨に換算して解説している。
580円にしては読み応えがあり、イラストも面白いので、ご興味があれば是非!


さらにもう一冊。
こちらは、グルメなあなたにお勧め。

東京昭和が美味い店 懐グルメ

natugurume.jpg

いわゆる飲食店の紹介本だが、「昭和」を感じる懐かしい店がメイン。
この日記にも書いている、レトロな名喫茶とか、もんじゃの焼ける駄菓子屋、築地市場の名店など
私も真夏の暑いさなか、汗だくになって20軒ほど取材させてもろうた成果が載っております。
最後のは、龍馬に関係なくてすいません(笑)。
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。