So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

今年は関ヶ原410年祭。その前哨戦「江戸の陣」に参加。 [日本史(戦国・幕末など)]

6366.jpg

今年は、「関ヶ原の合戦」から410周年。
それを記念して、岐阜県の関ヶ原町では
10月16~17日に「関ヶ原合戦410年祭」が開かれるという。

そういえば、西暦2000年には「400年祭」や関連イベントが各地で開かれていたっけ。
当時は今と違い、日本全国にネットが普及していなかったから、
web界は、こんなに歴史関連の情報で盛り上がっていなかった気がする。

100年毎では、次回は西暦2100年になってしまうから(笑)、
これから10年ごとに(いや、5年毎?)何かビッグな催しがあるのかな。

それに先立ち、東京の居酒屋「大河の舞」で前哨戦ともいえる、
江戸の陣」というものが開催されたので、参加してきた。
冒頭の「原哲夫」画のポスター(B1サイズ)は、このイベントの景品でGETしてきたものだ。
小日向えりさんいわく「汗の匂いのするポスター」。
その詳細は、とりあえず最後の方に書くとして、まずはメインの催しから、ざっと紹介。

100829 (3).JPG

新宿三丁目のビル6Fにある、戦国居酒屋「大河の舞」。
甲冑が飾られ、足軽鎧を着た店員が料理を運んできたり、
大河ドラマのBGMが流れる、戦国時代をイメージした居酒屋だ。
以前から知っていたが、中に入ったのは今回が初めてだった。
店内奥に、メインステージが設けられており、そこでイベントが開始された。

司会者の大山さんと、関ヶ原町のスタッフによる挨拶の後、
「410年祭」のポスターが、初披露。
歴史アイドルの小日向えりさんが、さっそく登場して除幕、
両脇には、本多忠勝と大谷吉継が出現し、イベントに華を添えた。
中の人は直接は存じ上げないが、おそらく両名とも友人の友人だと思う(笑)。

その後は、歴女アーティスト*さくらゆき* によるライブ。

今回は5曲を披露。
うち4曲が戦国武将や合戦をテーマとした曲だった。

100829 (4).JPG

先日参加した「龍馬フェスタ」の時よりも音質が良く、じっくり聴くことができた。
とくに真田幸村をイメージした「炎の月」、
石田三成と大谷吉継の情をイメージした「夢陽炎」などは、
彼女たちの感性で創り上げられた、歴史や偉人に対する思いが
ダイレクトに伝わってきて、手元のカクテル「真田幸村の六文銭」も一際旨く味えた。
ライブの様子はメンバーの、小栗さくら嬢のブログに詳しい。

100829 (5).JPG

その後は、おなじみ小日向えりさんの「関ヶ原」トーク。
大谷吉継と湯浅五助の首にまつわる逸話を熱く語ったり、
京都の大徳寺だったかな?石田三成の墓に参拝したときの、エピソードなどを披露。
一般人は参拝禁止だが、取材+αで特別に参拝できたとのことで羨ましく思う(笑)。

ライブの後も、何故かずっと照明が暗くて、あまり良い写真が撮れなかった。
たっぷり30分のトークで、面白くはあったが、
途中からでも、地元関ヶ原の人や、*さくらゆき*の2人に参加してもらうなどして、
賑やかにやれば、なお盛り上がったのではないだろうか。

100829 (7).JPG

ステージと別のスペースでは全国の地酒が楽しめる試飲会場が設けられていた。
岐阜県・大垣の酒蔵「三輪酒造」の社長自ら、注いでくれた。
9月から「地酒太平記」と題するイベントが開催されるらしい。

三輪社長は、地酒やイベントを熱心にPRしてくれたが、
隣の社員らしき年配男性は、こちらが近づいてもジッと押し黙ったままで、
ある意味、戦国武将っぽい風情を醸し出していたのが印象的であった。
ステージのイベントを観ていると動けず、思うように地酒が楽しめなかったのが残念。

100829 (8).JPG

先日の「三国志フェス」で見かけた、フランスの女性カメラマンも来ていた。

この後、30~40人(推定)の参加者による大会が行われ、
各テーブルでの「武将神経衰弱」を勝ち抜いた10人が、クイズ大会に進出。
さらに決勝戦は7名に絞られ、「関ヶ原」早押しクイズ大会に移行した。

結果。
優勝者は…私だった。

「お前がなぜ参加する!」と怒られそうだが、だってポスターが欲しかったんだもん。
参加者の皆さんへ、ここで謝っておきます。

いや、誠にすみません…。
武将ステッカーを使用した「神経衰弱」が面白そうだったので
流れで参加したところ、なぜか勝ち残り、決勝にも出ることになってしまったのだ。

クイズは、ボードに答えを書く形式のもので、
さらに、7名による決勝の早押しは、テレビのクイズ番組によくある、
手元のボタンを押して、口頭で回答するもので、
一番早く7問正解した者が優勝という形だった。

クイズの中には、
「俳優の丹波哲郎さんが…真田太平記で演じた…のは…真田昌幸ですが、
 TBSのドラマ『関ヶ原』で演じたのは、どの武将だったか?」
と、最後まで聞かないと分からない「引っ掛け」問題もあり、
見事に「フライング」で引っかかってしまうという一幕もあった。

クイズは、「関ヶ原」に関連するものが、結果的に40問ほど出題された。
半数が女子だったこともあるので、適当なところで負けようかと思っていたのだが、
ついムキになってしまった。まったく、大人気ない…。

でも、こうしたイベントにはプロ顔負けの「猛者」がいるものだし、
40問も出た結果から分かるように、
かなりのデッドヒートであったことを付け加えておく。
でも、今後はこういう催しに参加するのは厳に慎まねば…。

100829.JPG


ポスターに加え、トロフィーと関ヶ原の地酒を頂く。
小日向えりさんの著書「イケメン幕末史」なども頂いたのだが、
既に所有しているため、これは2位以下の人に譲っておいた。

ポスターも決勝に出た人には行き渡ったようで、
なおさら途中で棄権すれば良かった。今は反省している…。

メインステージ前の掘りごたつ席には、30~40人しか座れず、
参加者の何割かは、ステージの見えない個室テーブル席で、
それぞれに酒を食事を楽しんでおり、会場全体の一体感に欠けていたのが残念。
もちろん、飲食に利用するにはムードがあって非常に良い店だが、
縦に長い店内のために死角が多く、今回のようなイベントには不向きではないかと思った。

また、クイズ大会が始まる時点で、参加者の何割かは
帰ってしまったので、小日向えりさんのトークを最後に持ってきたほうが、
多くの人が、最後までイベントを楽しもうと思えたのではないかと思う。

帰り、会場で会った知人の新聞記者と
「新宿中村屋」でチキンカリーとビールを味わい、帰宅。

居酒屋「大河の舞」では、9月1日から30日まで
武将カクテルなど、関ヶ原に関連したコラボメニューが登場するという。

「石田三成・岐阜名産牛ほほ肉朴葉焼き」「小早川秀秋・大阪名物串カツ5本盛り」
「島津義弘・薩摩揚げ」「前田慶次のレッドハイボール」「カクテルSEKIGAHARA」などが楽しめる。
この日は2品ぐらいしか味わえなかったので、近々、また行ってみるとしよう。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

tama

ご無沙汰しております。昔胡蝶という名前でした(笑)
相変わらずお元気そうで何よりです。
面白いイベントですね!

優勝者が哲坊さんというオチに笑ってしまいましたw
いいと思われますw
by tama (2010-09-04 02:46) 

哲坊

tamaさん
ども、お久しぶりです。
急に行方不明になってしまわれて…心配しておりましたよ(笑)。
お蔭様で、なんとか元気にしております。
tamaさんはどうですか?またよろしくお願いします。
by 哲坊 (2010-09-06 22:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。