So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

横手やきそばと、岩手・湯川温泉「新清館」。 [温泉・名湯]

091016.JPG

横手に立ち寄り、名物の横手やきそばを食す。
横手駅前には、これを食べさせる店が50軒以上もある。

この地はなぜか昔から焼きそばが有名で、数年前から
町をあげて「横手やきそば」を売り出し、全国でも有名になりつつある。

「食い道楽 横手駅前支店」という居酒屋のものを食したが、
どの店も例外なく目玉焼きと福神漬けが乗っていて、
麺は味付けがやや薄いのが個人的には好みだ。

091016 (4).JPG

横手から岩手方面へと、北上線で移動し「ほっとゆだ駅」へ。
そこからバスで10分ほど山の方へ行くと「湯川温泉」に到着する。
携帯の電波も届かない静かな温泉地。
少なくともauは入らなかった。Eモバイルも無論入らない。

091016 (3).JPG

炊事場のある、旅館というより湯治宿「新清館」に泊まった。
1泊朝食付きで5400円。素泊まりならばもっと安い。
自炊であれば一泊2~3千円程度で泊まれる宿が、東北には数多くある。

湯川温泉には無かったが、周辺の共同浴場も安く、
100円前後で入ることができる場所が多い。
東北の温泉文化は実に魅力的だ。

091016 (2).JPG

混浴の大浴場。飾りけも何もないが、素朴でいい。
泊まっていたのは私のほかに老夫婦1組だった。
ふ、何も期待しておりはせんよ(?)。
段々と減りつつあるが、昔ながらの湯治場には、混浴風呂もまだ多く残る。

月に一度ぐらいは、こんな携帯の電波も届かぬような
場所でのんびりし、心の洗濯をしたいものだが、
現状は数ヶ月に一度行ければ良いぐらいか。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

コースケ

晢坊さま

この度は、我が実家新清館をご利用していただきまことにありがとうございす。じっかを離れてはや20数年間、たまにじっかにかえると、首都圏近郊では味わえない、この癒し感をたまの帰省時に味わっており、このそうな書き込みは、ありがたいです。

今後とも新清館を宜しくお願いします。

by コースケ (2015-05-14 00:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。